dip

recruitment

障がい者採用

挑戦を後押ししてくれる
人と環境が揃う場所。

山本 義久 YAMAMOTO YOSHIHISA 総務担当 / 2018年入社
PROFILE 銀行に5年ほど勤務した後、すでにディップで働いていた友人の紹介で、2018年10月に入社。現在は総務として各部署のサポートとなる業務を複数兼任している。

変化を求めて、
ディップへ飛び込んだ。

前職は銀行に勤務していました。私が受け持っていたのは市役所から依頼を受けて行う生活保護に関する調査。その仕事を5年ほど続けましたが、慣れてしまえば同じ作業の繰り返し。だんだんと物足りなさを感じるようになっていました。転職も視野に入れようと思っていたタイミングで、たまたまディップで働いている友人と食事に行くことに。
仕事のことを相談したところディップへの入社を検討してみたらどうかと勧められました。友人も私と同じく聴覚に障がいがあります。しかし人事として活躍しているという話を聞き、私にも新たな挑戦ができるのではないかと、面接を受けることにしました。面接では業務や経歴についてというよりも私自身についての話が多く、明るくフランクな会社だなと感じたことを覚えています。

安心して新しいことに
挑める環境。

現在は総務で他部署のサポート業務を複数担当しています。例えば、会社に届いている郵便物を収集し部署ごとに振り分けたり、営業の方が使っているレンタカーの返却確認をしたり、各営業所から依頼のあった備品を発注したり…。日々単調ではない様々な業務を対応していく変化のある毎日です。気づけばあっという間に一日が終わっていますね。
現在は半年経ち、大体の仕事を一人でできるようになりましたが、これも周りのサポートが大きかったからだと実感しています。UDトークといって声を文字に変換するコミュニケーション支援アプリを使ったり、ゆっくり話すようにして配慮してくれたり。コミュニケーションをとるため周りの仲間たちが工夫してくれるので、不便なく楽しく仕事ができています。そして、自ら志願した挑戦も歓迎してもらえるので、未経験でも様々なチャンスがある会社だと思います。良い人と良い環境が揃っている会社だと、改めて感じていてますね。

できないと諦めるのでなく、
前向きに挑み続ける。

入社してからのこの半年間は、仕事を覚えることで精一杯になっていたので、今後は周りの負担を減らすために、もっと多くのことを任せてもらえるよう成長していきたいです。また、自分の役割をしっかりと遂行していきながらも、「やりたいこと」もどんどん見つけていきたいと思っています。
耳に障がいがあると、コミュニケーションがなかなかうまく取れずに、挑戦や活躍を諦めてしまう方も多いと思います。ですが、ディップはしっかりと向き合おうとしてくれる人が多く、挑戦も受け入れてくれる環境があります。私が実際にいろいろとチャレンジできているので、間違いありません。できないからやらないのではなく、どうすればできるか。少しでも前向きな考えをもって、行動を起こしたい方が来てくれればいいなと思います。

pagetop